風俗業界で働くときってどうやって求人を探すの?

いよいよ不景気から脱することができるか?と少々期待を持っている現政権ですが、ここでいくら景気が回復したからと言ってすぐに私たち一般人の家庭に反映されるわけではありません。

 

それが少々厳しいところではありますが、良い傾向かなと個人的に感じています。

 

さて、そんな中、就活に苦しんでいた方々も一筋の光は見えてきたかもしれませんね。

 

新しいことに挑む姿というのは美しいものです。

 

そして女性の中には、就活の1つ選択肢として風俗業界を選ぶかもしれません。

 

ただその風俗業界といってもかなり未知な世界の1つといってもいいでしょう。

 

ということで、ここでは風俗業界で働きたいと思ったときに求人情報をどこで探せばよいのか?を記載していきたいと思います。

 

参考になれば幸いです。

 

昔の風俗画

 

◆大手風俗情報サイト

 

昔は風俗情報と言えば専門雑誌でしたが、今ではその専門雑誌がインターネット上にサービスを展開しています。

 

さて、この風俗情報サイトは「男性向け」と思われがちですが、しっかりと求人情報も掲載されています。

 

そのサイトへ足を運ぶと分かると思いますが、くまなく探せば「女の子求人」の旨のリンクがあります。

 

そこに飛ぶだけです。

 

大手が経営しているだけあり、信頼度は非常に高いので探すにはもってこいのサイトだと言えます。

 

もし池袋で働くなら、風俗タイムスの池袋のページなどを、まずは覗いてみることをおすすめします。

 

 

◆インターネット

 

先に記載した「大手風俗情報サイト」と少々かぶりますが、検索エンジンなので「風俗 求人」のような文言で検索すれば、数多の求人サイトがヒットします。

 

大体が「女の子高収入」のような謳い文句で誘導しているようなサイトです。

 

ただ、風俗専門ではない場合があります。

 

例えば、キャバクラなどです。

 

この辺りの線引きをしっかりとしているサイトであれば問題ありませんが、風俗で働きたいのであればしっかりとチェックすることが大切です。

 

もし専門サイトを探すなら、○○(地域名) 風俗求人などのキーワードで探してみましょう。

 

例えば新宿のデリヘルをさがすなら、ここの新宿 風俗求人が最大手だと思います。

 

 

◆直接風俗店へ問い合わせ

 

お店の雰囲気を確かめるために上記の「大手風俗情報サイト」でいろいろと探している中、気に入ったお店があったとしてそのお店が必ずしも求人を出しているわけではありません。

 

したがって、求人の情報を得ることができません。

 

しかしながら、風俗店というのは風俗嬢がいくらいても困らないので単純に「出していないだけで風俗嬢が要らない」とはなりません。

 

そこで取る方法が「直接問い合わせ」をすることです。

 

先の情報サイトで連絡先が記載されているので思いきって連絡するのも1つの手です。

風俗で働くお店のジャンルも重要な要素

恥ずかしながら私には妻がいます。

 

そして、なれ初めはお互いに映画好きというところから始まりました。

 

したがって、今も映画の話になると何時間でも熱く語り合える中なので楽しく過ごしています。

 

唐突に惚気てしまい申し訳ございません。

 

この映画の話でも、たまに会話のキャッチボールができなくなるときがあります。

 

それが、好きなジャンルの違いです。

 

私は、アクション・サスペンス系が好きなのですが、妻は恋愛・ヒューマンドラマ系が好きなのです。

 

全く異なるジャンルなので、たまに話すのが億劫になるほど苦痛になってしまうこともあります。

 

さて、風俗で働くときもジャンルは非常に重要な要素です。

 

先に書いたように大好きなものでさえ、ジャンルが違えば苦痛の種になってしまいます。

 

 

◆ノーマルを求めるな店舗型ヘルス

 

とりあえず、風俗業界がどんなものか?といったスタンスであれば、ノーマルな店舗型ファッションヘルスがオススメです。

 

これには、色々な理由がありますが、何と言っても近くにスタッフがいるということです。

 

これは思った以上に安心なようで、さきほどもご紹介したいちごナビの池袋 風俗求人の特集でも女の子が言っていました。

 

何かあったときに、直ぐにフォローしてくれる環境がありますし、変なオプションやプレイがないので、とりあえず基本サービスをして男性客の性欲を満たしてあげればよいだけです(それが大変なのですが…)。

 

兎にも角にも、強いこだわりはなくとりあえず経験で、安全にというのであれば店舗型ファッションヘルスです。

 

 

◆アブノーマルなお店は沢山ある

 

さて、逆にどんなお店がつらいのか?ですが、やはりアブノーマルなお店はいろいろとハードになってきます。

 

そもそも、プレイ自体がハードなところが多いので、業界初体験であれば、それ相応の「好き」という気持ちがないと続かない確率が高いです。

 

とある風俗嬢が、とあるマニア店で直ぐに辞めてしまうということはざらにあります。

 

「少し好き」ではアブノーマルなお店は危険です。

 

平たく言えば、想像を絶する変態な性癖を持った男性客がたくさん居ると言うことを理解しておきたいところです。

 

ですが、それにハマったときの変態プレイほど興奮するものはないほどです。

 

実際のプレイ内容は求人サイトよりも風俗タイムスの大久保のページの特集記事などが参考になります。(大久保はアブノーマルなお店が多いのかな?)

 

 

◆デリヘルのメリット・デメリットを理解

 

メリットは何と言っても「集客率がよい」ということです。

 

今、風俗で遊ぶ男性客の割合は、デリヘルに非常に偏っています。

 

従って、稼ぎやすいというところに繋がります。平たく言えば、ちゃちゃっと稼ぎたいのであればこちらです。

 

ただ、店舗型のような「安心感」は少ないです。

 

プレイする場所が自宅であったりラブホだったりなので、何かあったときスタッフが直ぐに駆けつけることができないというデメリットです。

 

怖い業界でも名を馳せているゆえんはこういったところにありそうです。